U-PARL協働型アジア研究 プロジェクト3

「東京大学所蔵水滸伝諸版本に関する研究 」
代表:荒木達雄


<研究概要:2020〜2021年度>

東京大学には水滸伝の各種版本が豊富に所蔵されている。このなかにはこれまでその利用が必ずしも便利とは言えなかったものも少なくない。研究資料利用の便を高め、より多くの研究者が資料にアクセスできる環境を整備することを通して、研究の質の向上に貢献するべく、U-PARLは東京大学の所蔵する水滸伝版本のデジタル画像作成と公開に取り組んでいる。こうして利用がより容易になった水滸伝諸版本を今後の研究にいかに取り込んでいくかが本プロジェクトの出発点である。
本プロジェクトではすでにさまざまなジャンルの研究業績、知見を有する研究者に、それぞれの角度から東京大学所蔵水滸伝版本を利用した研究テーマを設定し、研究をすすめていただいている。こうした研究者同士が意見を交わすことで研究が進展し、新たな研究テーマが生まれることも期待できよう。また、研究をすすめる過程でデジタル画像を利用した研究の可能性、問題点などを検討し、今後のデジタル資料と人文研究との関係のありかたについても提言を行っていければと考えている。

<U-PARLからの参加者> <共同研究員>
上原究一 (副部門長・准教授)

荒木達雄 (特任研究員)

中尾道子 (特任研究員)

井上浩一 (東北大学フェロー)

笠井直美 (名古屋大学准教授)

小松謙 (京都府立大学教授)

佐髙春音 (東京大学助教)

孫琳浄 (立命館大学講師)

中原理恵 (京都大学研修員)

中村覚 (東京大学助教)

馬場昭佳 (学習院大学非常勤講師)

ほか、研究協力者1名

<活動記録> 所属・肩書はすべて開催時点でのもの

2020年9月16日 第一回会合(オンライン) テーマ座談会:「8月8日シンポジウムにおける小松先生・中原先生のご講演をめぐって」 など

2021年3月6日 第二回会合(オンライン) 研究報告:佐髙春音(慶應義塾大学非常勤講師)「金聖歎本『水滸伝』の“視点”に関わる表現技法について」 など

2021年6月26日 第三回会合(オンライン) 東京大学アジア研究図書館デジタルコレクション「水滸伝コレクション」へのテキストデータ付与に関する検討会 など