2020〜2021年度U-PARL協働型アジア研究一覧

U-PARLの第二期(2019〜2023年度)のミッションの中心は協働型アジア研究の拠点形成であり、2020-2021年度は以下の7つの研究プロジェクトを実施いたします。


プロジェクト1
「オリエント世界を対象とした研究資源のデジタル化とその利活用に関する研究
代表:永井 正勝(U-PARL特任准教授)

詳細

プロジェクト2
「アジア情報資源の組織化に関する研究:目録作成マニュアルの作成」
代表:徳原 靖浩(U-PARL特任助教)

詳細

プロジェクト3
「東京大学所蔵水滸伝諸版本に関する研究」
代表:荒木 達雄(U-PARL特任研究員)

詳細

プロジェクト4
「「ジャイナ教混淆サンスクリット辞典」構築のための基礎的研究」
代表:蓑輪顕量(U-PARL部門長)、副代表:河﨑豊(U-PARL共同研究員)

詳細

プロジェクト5
「ムハンマド・ハキーム・ハーン著『選史』チャガタイ語訳写本の研究」
代表:蓑輪 顕量(U-PARL部門長)、副代表:河原弥生(U-PARL共同研究員)

詳細

プロジェクト6
「海外フィールドワーク収集データのオープン化に関する研究:村落研究を事例に」
代表:澁谷 由紀(U-PARL特任研究員)

詳細

プロジェクト7
「壬辰戦争からみる16・17世紀東アジア」
代表:中尾 道子(U-PARL特任研究員)

詳細