スタッフ

  • 蓑輪顕量 部門長・兼務教員(大学院人文社会系研究科教授) 専門は日本の仏教。戒律、冥想、論義などをテーマに、仏教学分野から、仏教思想の解明に取り組む。幅広く比較文化的な視点で捉えたいと考え、インドから東南アジア、そして中国、韓国、台湾とアジアの東半分に目を向けている。最近はとくに冥想に関心を持ち、仏教学の現代的な意義を見いだすことも模索中。
  • 上原究一 副部門長・兼務教員(東洋文化研究所准教授) 専門は中国古典文学、書誌学。元・明・清代の白話文による通俗文学と、その興隆をもたらした商業出版の伸張について研究を進めている。
  • 大串和雄 兼務教員(大学院法学政治学研究科教授) 専門は比較政治、ラテンアメリカ研究。ペルーを中心として、ラテンアメリカの軍と政治、左翼思想の変化、社会運動などを研究してきたが、近年は人権問題、とりわけ独裁や武力紛争後の移行期正義を主要な研究テーマとしている。
  • 森本一夫 兼務教員(東洋文化研究所教授) ムスリム諸社会の宗教社会史。特に、イスラーム教の預言者ムハンマドの一族とされている人々の位置づけや役割(その実際とそれに関する言説)という問題を通して、宗教と社会との関わり、権威、血統といった問題を考えている。また、シーア派の研究なども行っている。
  • 海野聡 兼務教員(大学院工学系研究科准教授) 専門は日本建築史・東アジア建築史・文化財保存。現存建築、文献史料、絵画資料、発掘遺構にもとづいて、建築の設計、技術、造営や維持管理の体制、建物のもつ意味や社会への影響に関する研究がメインテーマである。
  • 永井正勝 副部門長・特任准教授 文献言語学の分野では、エジプト語資料の古書体分析ならびに一般文字論の構築を目指している。人文情報学の分野では、アノテーション付与型画像データベースの構築を行っている。
  • 徳原靖浩 特任助教 専門はペルシア文学。近年は、大学・研究機関図書館におけるイスラーム地域研究資料の収集・整理・利用の促進という課題にも取り組んでいる。
  • 荒木達雄 特任研究員 中国明代の通俗文藝(水滸伝が中心)。物語が作られ、改変される過程とその背景にある人々の思考との関わりについて考えている。最近では特に、水滸伝が日本や台湾の文藝や習俗にいかにしてとりいれられたかに興味を持っている。
  • 澁谷由紀 特任研究員 ベトナム南部ホーチミン市の歴史(19世紀前半から現代まで)とベトナム南部における工業化による農村社会の変容を研究している。
  • 須永恵美子 特任研究員 専門はパキスタン地域研究。南アジア系の宗教団体の出版物からみたイスラーム復興について研究している。
  • 中尾道子 特任研究員 韓国朝鮮の美術史。とくに朝鮮時代の絵画史を専門としている。
  • 宮本亮一 特任研究員 古代から中世の中央ユーラシア,特にトハーリスターン(現在のアフガニスタン北部,ウズベキスタン南部,タジキスタン南部)とその周辺地域の歴史に関わる様々な問題を,主に現地語資料(バクトリア語,ソグド語など)を利用して研究している。
  • サムネイル 特任専門職員 上記のスタッフのほか、2021年4月1日現在、2名の特任専門職員が在籍している。