【DATABASE】Myanmar Book Centre (MBC) Membership Programme

U-PARLで2021年5月に導入したMyanmar Book Centre (MBC)  Membership Programme(東京大学GACoS)について解説します。

Myanmar Book Centre (MBC) Membership Programme

【概要】
Myanmar Book Centre (MBC) Membership Programmeはミャンマーで最初の学術関係オンラインデータベースです。1995年に設立されたミャンマーの輸出入書店Myanmar Book Centreによって提供されています。

このデータベース(Membership Programme)では、

  • ・Articles from Journal of Burma Research Society (1911-1977)
  • ・ミャンマー伝統写本コレクション(Collection of Myanmar Traditional Manuscripts)
  • ・独立以後に刊行されたミャンマーの歴史・文化・考古学・文学に関する記事データベース(Articles of Selective works on Myanmar history, culture, archaeology and literature after independence Database)
  • ・電子書籍(Electronic Books)
  • ・デジタル化された新聞記事(Digitised newspapers)
  • ・ミャンマーの古い絵画の折畳本(Old Myanmar Illustrated Parabaiks)
  • ・ビルマの雑誌The Guardian(Burma‘s National Magazine)

の各セクションの本文のみご利用が可能です。

上記の通り、利用できる内容は多岐にわたりますが、とくに注目に値するものに、「デジタル化された新聞記事(Digitised newspapers)」のセクションがあります。

デジタル化された新聞記事

このセクションでは、Thuriya (The Sun)、HantharwaddyNew Burmaなど、ミャンマー国内で発行された新聞の一部を読むことができます(ビルマ語(ミャンマー語)版または英語版が収録されています)。2021年5月現在、新型コロナウイルス感染症対策のため、多くの大学・研究機関が、学外者の利用を制限しています。またミャンマー情勢も混迷の度合いを深めています。ミャンマーに興味をお持ちの方はぜひご利用ください。

【使い方と注意喚起】

・詳しい使い方は、GACoS(ガコス)掲載の「Myanmar Book Centre (MBC) Membership Programme利用マニュアル」(https://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/manual/MBC_manual.pdf)に記載をしておりますので、必ず一読の上、ご利用ください。
・トップページおよび各セクション画面右側に表示される、MBC Search, Search(Basic Search、Advanced Search)を利用しないでください。
・検索は、各セクションに入った後、左側に表示される検索画面をご利用ください。

【アクセスについて】

◉ 学内からアクセスする場合
学内ネットワークに接続されているコンピュータからこちらhttp://www.myanmarbook.com/index.php?__2M3Nkamg=__1bWJjbW1lbnU)にアクセスしてください。

◉ 学外からアクセスする場合
学外からのアクセスには、学部学生、大学院生、研究生は「SSL-VPN Gatewayサービス」を、教職員は「認証GWサービス」をご利用ください。→詳しくはこちらhttps://www.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/gacos/faq/gakugai.html)。

(2021年5月25日)