森鴎外旧蔵書展 関連展示「木下杢太郎の見たテエベス」で永井正勝副部門長による解説と写真を展示

2022年10月13日から11月28日まで開催の東京大学附属図書館特別展示「テエベス百門の断面図――歿後100年記念 森鷗外旧蔵書展」の関連展示として「木下杢太郎の見たテエベス」が11月10日に特設されました。

本関連展示は、永井正勝U-PARL副部門長執筆の解説文「木下杢太郎の見た古代エジプトのテエベス」と、永井副部門長がテエベス(現ルクソール)で撮影した《カルナク宮殿大列柱室》を含めた全6点の写真を掲示したものとなっています。

展示概要と入館方法については附属図書館のサイトをご覧ください。

◉関連展示「木下杢太郎の見たテエベス」(附属図書館ウェブサイト)
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/contents/news/20221111

November 14, 2022