【終了しました】3次元データでひらく“人文学”の世界

【協働型アジア研究オンラインセミナー】

3次元データでひらく“人文学”の世界

2021年3月13日(土)13:00〜16:00

ZOOMによるオンライン開催
*要申込(先着290名) 締め切りました


クリックするとポスターのPDFファイルが開きます

今や,3次元データは,特殊な技術を要することなく,誰でもが作成することができるものとなっている.このような技術普及の結果,人文学においても,扱うべきデータの質ばかりか,研究のあり方そのものにも変革が求められるようになってきた.そこで本セミナーでは,人文系資料の3次元データ化に関する最新の研究事例の紹介を踏まえたうえで,あらたなデータによってひらかれる,これからの“人文学”の可能性について,皆で議論することにしたい.

13:00-13:10 「開催趣旨」

永井正勝(東京大学附属図書館U-PARL)

13:10-13:40「3次元とともに描く考古学・博物館学の未来」

江添 誠(国士舘大学イラク古代文化研究所)

13:45-14:15「Qalawun VR Projectの試み-VRツアーをつくる・活用する-」

熊倉和歌子(東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所)

14:20-14:50「3次元データの可能性-学術研究と文化遺産保護の両面から-」

野口 淳(NPO法人南アジア文化遺産センター)

15:00-16:00「質疑応答」

ファシリテーター 阿児雄之(東京国立博物館)

[主催]
・東京大学附属図書館U-PARL, 協働型アジア研究「オリエント世界を対象とした研究資源のデジタル化とその利活用に関する研究」(代表:永井正勝)


お申し込み方法:下の「お申し込みボタン」をクリックしてご登録下さい。先着290名。
締め切りました.

ZOOMのURLは3月9日(火)23:59までに連絡いたします.
3月10日時点で未着の場合には,下記にお問い合わせ下さい.

また,キャンセルされる場合には,すみやかにご連絡をお願いいたします.

【問い合わせ先】
東京大学附属図書館U-PARL
永井正勝
nagai.masakatsu@mail.u-tokyo.ac.jp

(2021.2.10)