【終了しました】アジア資料目録ワークショップ:チベット語編

 

【日時】 2018年7月27日(金)14:30〜17:00
【会場】 東京大学東洋文化研究所 3階大会議室 (前回と会場が異なります)

アクセス:http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/access/index.html

【趣旨】 様々な文字体系をもつアジアの諸言語の資料を図書館OPACに登録したり、NACSIS-CAT上で書誌レコードを作成したりするには、目録規則やコーディングマニュアルの知識に加え、外国語や現地の資料に関する様々な知識やツールが必要ですが、人材の流動性などの理由により、そのノウハウが蓄積・継承されないことが課題となっています。

U-PARLは、東洋文化研究所図書室との共催により、組織や機関の枠を越えて研究者とライブラリアンが協働する場を設け、多言語目録作成のノウハウや課題を広く共有することを目指し、アジア資料の目録作成に関するワークショップを開催いたします。第2回はチベット語資料を扱います。

図書館業務でチベット語を扱う予定の方を主な対象としますが、語学力は問いません。広くアジア資料の整理業務に関心をお持ちの方のご参加をお待ちしております。

主催:東京大学附属図書館アジア研究図書館上廣倫理財団寄付研究部門(U-PARL)
共催:東京大学東洋文化研究所図書室

【プログラム】
(1) 「趣旨説明」徳原靖浩(U-PARL)
(2) 「チベット語資料の概要と目録作成」浅井万友美(東京外国語大学オープンアカデミー講師)
(3) 目録作成に関するQ&A、ディスカッション

こちらからチラシをダウンロードできます

 

参加希望の方は、下の「お申込み」ボタンからお申し込みください。

座席にまだ余裕がありますので、当日のご参加も受け付けいたします。(7/26)

皆様のご参加をお待ちしております。

 

※本ワークショップに関するお問い合わせ先:U-PARL(担当:徳原) こちらのコンタクトフォームよりお問い合わせください。